東急ハンズで驚いたことは何といっても商品があきれるほど細かく分類されていることです。

それはまるでパソコンの画面でフォルダをクリックし、
どんどん分類階層を解きほぐし、最後にやっとお目当てのフォルダを開け、
目的のファイルにたどり着くというような東急ハンズにはそんな楽しさがあります。

しかし、東急ハンズの細かく分類された商品棚には豊富な商品がそろっています。

例えば、包装紙だとか観光葬祭用のグッズのコーナーに行き、法事で袱紗が必要になったときのことです。

どのような袱紗があるのかとみてみれば、そこには100円単位で買える100円ショップ商品のようなものもあれば、ちょっといい生地でできたいかにも厳かそうな紫の袱紗が3000円で売っていたりしました。

これはただ単に商品が豊富なだけでなく、買う側のニーズに合わせただけでもなく、
要するにお客の年齢を意識した品ぞろえなのではないかと思われます。

若者であれば何百円単位でいいかもしれませんが、
ある程度の社会人であればもう少しいいものを選びたいと思うものです。

東急ハンズの商品棚にはそんな販売側の意図を感じさせる商品が所せましと並べられていました。

で、さらに驚くことには、同じような価格帯にも、これまたいくつもの種類が並んでいることでした。

1000円前後のものを探してみれば、選ぶのに迷うほどです。

袱紗くらいでそんなに迷ったり悩んだりすることもないのでしょうが、
お客を迷わせる魅力が東急ハンズにはありました。これにはさすがに驚いてしまいました。

8月の注目サイトピックアップ

鍵を開けたい、鍵を作りたい、鍵を交換したい時に地元の鍵屋を検索!生活トラブル本舗なら、日本全国1万社以上の鍵屋が掲載されているから、地元の鍵屋を簡単に探せます。突然の鍵紛失・鍵トラブルの相談にもおすすめ!